スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HAPPY GO LUCKY 3

放蕩の限りを尽くしたのち、大学を出るのに5年かかりました。
卒業の年、私にとって唯一最大の庇護者であった母親が他界。
私の人生で最も辛い時期でした。

漫画家にならねばいけないと思い込んでいましたが、
生きていくためには仕事にも就かなくてはと思い、
ゲーム会社、デザイン会社の就職試験を受けました。
ゲーム・デザイン→イラスト→漫画、という様な、
自分に都合の良いこと考えていたわけです。

まずゲーム会社の就職説明会にいきました。
そこには美大を出た何十人という人達が
素晴らしい作品を持って来ていました。
この人達に敵うはずがないと思いました。
まさに井の中の蛙大海を知らずを体験し、
完全に自信を喪失してしまいました。

にもかかわらず、無知とは恐ろしいもので、次にデザイン
事務所へ面接にいきました。
20代半ば、美術系の専門教育を受けているわけでもなく、
何もできないのでは採用できないということでした。
くじけず夜間の専門学校に通い、DTPの技術を学んだ後、
再度挑戦しましたが、就職にはいたりませんでした。
その後、出版社に持ち込むための漫画を描き始めます。

結果からいうと、漫画家にもなれなかったのですが、
忙しい中、多くの編集者さんから、たくさんアドバイスを
いただきました。そのアドバイスをその時活かせなかった
のは誠に残念です。
漫画家にはなれませんでしたが、この時の経験と
いただいたアドバイスは弊社のスタッフに伝えることで
活かされております。

この時のもう一つの教訓として、アルバイトをしながら
プロの漫画家になるのは非常に困難だということです。
この教訓を活かし、画屋ではスタッフを社員として受け
入れることを目指しました。

私自身は、個人的にも様々な事情があり、30歳の年に
漫画家になる夢は一度あきらめ、就職することにしました。


つづく
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

画屋(かくや)のタコ社長

Author:画屋(かくや)のタコ社長
関西から漫画で情報発信、株式会社画屋(かくや)


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

日常 (27)
雑談 (5)
漫画 (20)
お知らせ (28)
自主制作アニメ (20)
Happy go lucky (8)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。